News

【転職】新しい仕事の探し方

 これから新しい仕事を探そうという方へ、どこから転職活動を始めればいいのかお話ししたいと思います。

 「転職」や「仕事」と検索してこの記事を見つけられたと思いますが、まず、新しい仕事を探す前に人材紹介会社を利用するのか、直接企業に履歴書を送るのか、又は知り合いから仕事を紹介してもらうのか等考えなければなりません。

 求職者には「積極的求職者」と「消極的求職者」がいます。「積極的求職者」は、その名の通り自ら進んで新しい仕事を探しますが、「消極的求職者」は知り合いから仕事の機会を得ている場合がほとんどです。

 この記事を読んでいるあなたは、これからどうやって新しい仕事を始めようかと考え始めたところでしょう。現在多くの企業は、適切な中途採用者を探すための人材や時間を確保できていません。そのためネットワークが広く、沢山の求人情報を持つ人材紹介会社を活用する事は確実に選択枠を広げられる方法と言えるでしょう。

 エン・ジャパンやダイジョブのようなウェブ上で求人情報を提供する会社もあります。ここでは沢山の「積極的求職者」と「消極的求職者」が履歴書をアップロードし、人材紹介会社は求人情報を掲載しています。

「積極的求職者」の転職方法

 積極的求職者は、具体的な職種をネットで調べる事から始めます。例えば、「経理」「英語」「名古屋 営業職」「給料**円」等。そして自分の能力が見合う職が見つかるまで探し続けますが、見つかったとしてもその仕事の情報は限られている場合がほとんどです。

 仕事の応募資格をよく理解し、自分のバックグラウンドと経験に適合しているか何度も確認した後、応募ボタンを押し、履歴書をアップロードします。

 ほとんどの求職者が、応募した職は人材紹介会社によって掲載されていたと知らされます。そうです、履歴書は募集されていた仕事の企業ではなく(もちろんその企業のHP上でない場合)人材紹介会社に送られていたのです。これは多くの求職者が最初に経験する事です。

 いったん履歴書が人材紹介会社に届くと、担当コンサルタントから面会の希望か、又は残念ながら求職者のバックグラウンドや経験が、企業が必要とするポジションの条件に適合しないという連絡がきます。

 まず最初に求職者は、どの人材紹介会社にコンタクトするか決めなくてはなりません。数多くある人材紹介会社を選択する事は難しいので、同僚や知人関係者にどの人材紹介会社が良いか聞くかもしれませんし、もしかしたら外資系人材紹介会社の名前やコンサルタントの名前や顔だけで選ぶかもしれませんね。

 履歴書を送った後は、コンサルタントからの返信を待ちます。コンサルタントは求職者に電話やウェブ(スカイプやフェイスタイム)又は直接会うことを求めます。これは求職者のバックグラウンドを理解するためであり、また求職者が希望する勤務地、給料、業界、職種のレベル等を知るためです。

 直接企業のHPや広告から応募した場合、その求職者は後れを取ってしまいます。ほとんどの企業が一つのポジションに沢山の履歴書を受け取るため、人事部だけでは十分な対応がしきれず求職者は返答をすぐには受け取る事ができません。もし企業の採用担当者からすぐ返答が来た場合は、ほとんどが良い返答で、詳細な情報か、面接を求められるでしょう。

 一方、消極的求職者は常に新しい機会やチャレンジにオープンですが、自ら仕事を探すことはしません。

 消極的求職者は、情報を友人、元同僚や顧客から受け取ります。またポジションを紹介されている期間に他のポジションを探す事はせず、転職活動の次のステップについて友人や元同僚に相談します。

 積極的、消極的求職者のどちらも人材紹介会社や転職活動中に助言やサポートをしてくれる友人や元同僚を活用した方が良いでしょう。

 人材紹介会社を利用するにお金はかかりませんが、友人や元同僚には今まで築いた関係があります。また企業に直接アプローチするのも一つの方法ですが、返答も少なく時間の無駄ともいえるでしょう。

...
Read more